プロ野球にID野球が導入されたことで得られたメリットとは!

ピッチング

現代のプロ野球は、データや情報を駆使して試合に臨むことが増えています。しっかりと事前に情報を集め、準備をすることでどのような戦略で試合を進めるのかが明確になり、組織として効率的に機能することができるようになりました。各球団はデータや情報の大切さを実感するようになり、球団独自でデータ収集・分析にかける時間をしっかりと確保するようになっています。このように、データを活用することで対戦する選手の傾向を知ることが迷いなく明確にプレーすることにつながっているのです。ブックメーカーで勝敗予想に賭ける時にもも同じで、対戦データや過去の成績などの分できは欠かせません。ブックメーカーで稼ぐ人というのは、ID野球に近い考え方をしていると言えるでしょう。

今のプロ野球もブックメーカーも、データを収集・解析することで大きく発展してきたことは間違いありません。その重要性を説いたのが、野村克也元監督です。野村氏がデータの重要性について気がついたきっかけは、実は選手時代にありました。選手として実力不足を感じていた時、どのようにすればプロ野球界で活躍できるかを考えたのが大きなきっかけです。対戦する選手のあらゆるデータを集めることで、選手の傾向をつかんで対戦することがID野球の原点となっています。ID野球を確立させたことで、その後のプロ野球は大きく発展することになりました。それまでのプロ野球では、精神論で野球をするのが前提でしたが、今ではしっかりと考えてからプレーする大切さを選手自身が実感しています。現在のプロ野球界が技術的に進化するようになったのは、野村克也元監督が導入したID野球があったからと言えるでしょう。興味深いのは、もしも野村監督や元西武のもりかんとくのようなデータを駆使して常勝軍団を作った監督がブックメーカーをやっていたら、どれほどの勝率になったのでしょうか。元ヤクルトの古田監督にも同じように予測力が高くデータ分析を受容しした捕手だったので、ブックメーカーの勝敗予想やライブベッティングにチャレンジしていたら、もしかしたら凄い勝率を残したかもしれません。

日本のプロ野球はアジアの中ではトップクラス

打ち上げる

野球は世界で行われているスポーツと言うことができ、アメリカのメジャーリーグを筆頭に中南米やアジア、ヨーロッパなどでも行われています。アジアのどの国にプロ野球リーグがあるかについては、まず日本です。その他、韓国や台湾でもプロリーグがあり、日本人選手が他の国のリーグに行ってプレーしたり、逆に他の国のリーグから日本のリーグに選手が来ることもあります。それ以外にも中国やオーストラリアにもプロのリーグが存在します。

では、アジアのプロ野球において日本のプロ野球がどれくらいの実力があるかと言うと、歴史などにおいても他の国よりも長く、実力も高いと言えるでしょう。他国と対戦する試合ではブックメーカーで低オッズになっていることから、日本が勝つ確率が高いと考えられています。韓国でプロ野球ができたのは1980年代ですし、台湾も1980年代の後半になります。個々の選手の中では韓国から大リーグに行ったり、日本でトップクラスの活躍をする選手もいますが、プロ野球全体のレベルになると日本の方が高いと言えます。中国やオーストラリアはさらに歴史が浅く、レベルも低くなっています。

アジア各国のプロ野球の優勝チームが戦うアジアシリーズと呼ばれる大会がありますが、日本のプロ野球からは日本シリーズで勝ったチームが出場していました。ここ数年は開催されていないものの、過去の優勝チームから見ると日本の力が突出していて、その次に韓国と台湾が争う形になっています。ただ、韓国と台湾の実力も非常に高くなっていて、WBC等の世界大会になると常に上位まで勝ち上がります。日本の方がレベルは上でしょうが、現在の差は縮まっているかもしれません。あくまでも目安ですが、ブックメーカーのオッズやランキングは、その国や選手の強さを示していると考えていいでしょう。

タッチアウト